FC2ブログ

はなのひとり言


アナル

  1. 2016/07/22(金) 00:02:00_
  2. 未分類
  3. _ comment:6
幸せに浸っていたのもつかの間。
今度は、アナルに指を入れられる。
アナルは、どうしても苦手。
でも、今日は何となく、ご主人様の指が気持ち良い。

私は四つん這いなので、ご主人様が何をしているかはよく分からないけど、なにやら道具をアナルに挿入された。
挿入される瞬間は、とても怖い。
軽い痛みはあるけれど、大丈夫そう。

アナルに玩具を出し入れされる。
なんだか気持ち良い。
自分で腰を動かしてしまうくらい気持ち良い。
同時にクリトリスを触られ、何度も逝ってしまう。
アナルが気持ち良いのか、クリトリスが気持ち良いのか分からない。

充分にアナルをほぐしたあと、ご主人様がおちんちんを挿入しようとした。

絶対無理!!
裂けちゃう。怖い!!

抵抗するも、ご主人様はおちんちんを私のアナルに押し付けてくる。

でも、思ったよりすんなりと、私のアナルは、ご主人様のおちんちんを受け入れた。

でも、やっぱり少し痛くて、動かないで欲しいとお願いをする。

ご主人様は、最初、動かないでいてくれたけど、少しずつ腰を動かし始めた。

私は軽い痛みと、怖さを払拭できず、ただ耐えるだけ。
玩具では気持ち良かったのに、おちんちんでは、まだよく分からない。

ご主人様は、私と出会う前に、アナルを使った事があるらしいけど、入り口だけがキツくて、あんまり快楽は得られなかったと言っていた。
おまんこの方が、おちんちんを全体的に締め付けるから、とっても気持ち良いらしい。

だから、なんだかんだ言って、アナルは使わないと思っていた。

でも、私のアナルに挿入しながら、感じている声が聞こえる。

アナル気持ち良いのかな?

我慢できない痛みじゃないので、ご主人様の感じている声を聞きながら、身を任せていた。

アナルからおちんちんを引き抜かれ、シャワーを浴びて、ベッドへ。

正常位で挿入。
首を締められる。
息ができなくて、血の流れが止まる感じがして、気が遠くなる。
首を締めると、おまんこの締まりがよくなるらしい。
気が遠くなりながらも、身体は反応しているなんて不思議。

首を締められながら「死ね」と言われる。
このままご主人様に殺されてもいいなぁなんてぼんやりと思う。

以前、『愛の流刑地』の影響で、「ご主人様になら殺されてもいい」と言った事があるけど、ご主人様には「殺したら使えなくなるから殺さない」と言われた事があった。

首を締められながら何度も何度も逝く。

おちんちんが引き抜かれ、ローターをおまんことアナルにそれぞれ入れられる。
そのまま、おまんこにおちんちんを挿入。

奥まで当たって、おかしくなるほど、何度も何度も逝く。

ご主人様が、たくさん中に出してくれるのを感じて、何度も逝く。

溶けて一つになりたい。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]



変化

  1. 2016/07/19(火) 00:10:45_
  2. 未分類
  3. _ comment:2
今度は、身体に落書きをされる。
卑猥な言葉を身体中に書かれる。

ご主人様のおちんちんを咥える。
ご主人様に仕事の電話がかかってきた。
ご主人様は、電話をしながら私を後ろから激しく突く。
私は声を我慢して何度も逝く。

おちんちんが引き抜かれ、私の愛液で汚れたおちんちんを咥える。
咥えたまま、四つん這いで歩きながらお風呂場へ移動する。

おちんちんを咥えていたら、口の中に急におしっこが。
慌てて、ゴクゴク飲む。
半分くらいおしっこを飲んだところで、おちんちんを口から引き抜き、今度はおしっこを顔にかけられる。

今まで、おしっこを身体にかけられた事はあったけれど、顔にかけられたのは初めてだった。

以前から、おしっこを頭からかけて欲しいとご主人様には伝えていた。
汚されたい、壊されたいんだと。
今までのご主人様は、メイクの事とか、髪の毛の事とかを気にしてくれて、顔や頭におしっこはかけなかった。
きっと、ご主人様は、私に合わせてくれてるだけなんだろうなと思っていた。
そういう事を理由に、そこに興奮はしないんだと言われているような気がしていた。

だから、今回とても驚いた。
私に選択肢を与えず、なんの予告もなく、ご主人様の意思で、私の顔におしっこをかけた。
私はそれがとても嬉しかった。

おしっこを顔にかけられるなんて、汚いし、臭いし、屈辱的な事なのに、私はとても心地良かった。

ご主人様がしたい事を、私を使ってする。
さらに、それでご主人様が興奮や快楽を得る。
なんて幸せなんだろう。

このあと、また、ご主人様との初めての出来事があった。



餌箱

  1. 2016/07/16(土) 00:01:00_
  2. 未分類
  3. _ comment:0
先日のご主人様との逢瀬。
なかなか盛りだくさんな内容だったので、何回かに分けて書いていこうと思う。

今回はドッグフードを食べさせると言われていた。

ドッグフード…

食べれるのか…。
食べて大丈夫なのか…。

ご主人様が準備してくれたのは、可愛い餌箱に、ヘルシーなドッグフード…。

私が想像してたのは、コロコロしてて、カリカリ食べる様なドッグフードだった。
だけど、ご主人様が準備してくれたのは、缶詰に入った柔らかいものだった。

餌箱にドックフード。
とにかく、臭いがキツイ!

ご主人様がスプーンでほぐしてくれた。
だけど、ほぐすと、う○こにしか見えない…。
うぅ…。
絶対食べられない!

ご主人様が、少量をスプーンですくって、私の口元に。
舐めるだけだと、舌を出したが、強引に口の中に入れられる。

臭いがきつくて、モグモグできない。
結局、ほとんどティッシュに吐き出してしまった。

食べ物を粗末にしてごめんなさい。

ドッグフードは無理だったので、次は餌箱にご飯を入れてもらった。

舌を使って必死に食べる。
餌箱はちょっと深さがあって、舌を伸ばしてすくい取る。
なかなか難しい。

餌箱に顔を突っ込んで夢中で食べる。
少し視線を上げるとご主人様の足が見えて、居心地良くて安心する。
ご主人様の足元にいる幸せ。

全裸に首輪で、リードで繋がれて、床に這いつくばるように、餌箱からご飯を食べる。

屈辱的な行為なのに、私は楽しくて仕方がなかった。

楽しくて、嬉しくて、犬がしっぽを振るように、自然とお尻が動いてしまう。

時々、ご主人様が咀嚼した物を、口移しで与えてくれる。
たまらなく幸せ。

ご主人様に出会うずっと前、咀嚼した物を口移しで与えて欲しいという男性がいた。
その頃は、私にはその男性の気持ちが全く理解できず、ただ咀嚼した物を口移しで与えた。
その行為になんの感情もなかった。
ただ、その行為に性的興奮を抱く男性が不思議で仕方なかった。

でも、今ならその男性の気持ちがよく分かる。

ご主人様も、最初の頃は、なんの感情も抱かなったみたいだけど、最近は、咀嚼した物を口移しで与える行為で、おちんちんが固くなるらしい。

与える側も、何度も繰り返していたら、性的興奮を得るようになるんだな〜と、不思議に思った。
ご主人様は、特別なのかな(笑)

綺麗に完食して、頭をぽんぽんとされる。
もう、しっぽブンブン!!

幸せMAX!!


続く。



奴隷契約

  1. 2016/07/14(木) 00:02:00_
  2. 未分類
  3. _ comment:6
4年前の今日、ご主人様と契約を交わした。

ご主人様にとって、私は初めての奴隷。
私にとっても、初めてのご主人様。

いろんな事がたくさんあったけど、ご主人様と主従関係になれて、本当に幸せ。
今、心も身体も満たされているのは、ご主人様のおかげ。

SMに惹かれて、自分は変わってるんじゃないか、おかしいんじゃないかと、悩んだり、迷ったりもしたけど、ご主人様と出会って、やっぱりこれでいいんだと思えた。
ここがいいんだと思える。
これが私なんだと。

2人だけの世界。
私達だけの特別な関係。

この関係が永遠に続きますように。



相性

  1. 2016/07/09(土) 15:14:24_
  2. 未分類
  3. _ comment:3
職場でちょっと話題になった、細木数子の六星占術。
そういえば昔、盛り上がってたかも。

気になって、ご主人様を調べてみると、土星人(ー)
私は金星人(+)

星別の相性は、『理想的な組み合わせ』だった^ ^

でも、金星人は大殺界のど真ん中らしい…。
知らなきゃ良かった…。
あんまり気にするタイプじゃないけど、聞いちゃうと気になる…。

転職を考えなくもないけど、もう少しこのままでいようかな。

気になった方は、ぜひ調べてみて下さいね♪



逢瀬…その後

  1. 2016/07/07(木) 22:34:41_
  2. 未分類
  3. _ comment:8
逢瀬後、イロイロ思う事があって、
実際には逢瀬の最中にイロイロ感じる事があって、その事について、ご主人様に考察と題してメールをした。


この前は、限界越えるまで鞭打ちされたいって言ってたけど、今日鞭打たれて、表現が難しいですけど…そこじゃないのかなと思いました。
そこが重要なんじゃなくて、やっぱりご主人様がしたい事を、私を使ってするって事が1番なのかなと。
まぁ、散歩とか咀嚼とかは私に合わせてくれてると思うんですけど。
今日は、鞭打ちの痛さよりも、乳首取れる〜〜〜!!!って思ったし。

なんてゆーか、やっぱりSMは、私の中では頭でっかちになってて、SMってこんな事するとか、ここまでしてSMって言うんだとか、SMの基本的な事を経験してみたいって思いがあって。
鞭とかのプレイだけじゃなくて、躾とか精神的な部分とかもSMしたいって思ってたのかなと。

でも、やっぱり私の基本は、ご主人様がしたい事をして、楽しくて興奮しておちんちんが勃つ、みたいなのが1番満たされるなって。

今日のイラマは、もっと頑張りたいって思ったし、まさか自分のオシッコ飲むなんて屈辱的過ぎて辛いのに、拒否権なくさせられて、それがまた興奮するし、ご主人様の命令に従順な感じが満たされるとゆーか。
いやー、もー、歪んでる歪んでる。
変態過ぎる!
我ながら、考察しつつ、変態過ぎて気持ち悪いですね。

ご主人様が楽しいなら、なんでもいいんです。
だってそれって私も絶対幸せだから。
2人で一緒に幸せになりましょうね。


これが、私がご主人様に送ったメールの内容の一部。

決してSMだけに拘っている訳じゃない。
普通にイチャイチャするだけでも満たされて幸せを感じる。
会ってランチだけでも嬉しくて楽しい。
ご主人様と一緒ならなんでも幸せ。

多分、メールとか相手にされない時のグズりとか、
しばらく使ってもらえなかったグズりとか、
とにかくかまって欲しくていろいろモヤモヤしたんじゃないかと思う。

また、ご主人様を困らせてしまったけれど、今回の事をきっかけに、ちょっとご主人様が変わったと思う。

どんなご主人様も大好きです。



逢瀬

  1. 2016/07/05(火) 23:49:53_
  2. 未分類
  3. _ comment:4
1ヶ月振りのご主人様との逢瀬。
その間にランチとかでは会っていたけれど、使って頂くのは1ヶ月振り。
だから、虐められたいよりも、イチャイチャしたい方が大きかったかもしれない。

いつものように待ち合わせて、ホテルへ向かう。
ホテルに入ると、すぐ全裸になってご主人様にご挨拶。

首輪を付けてもらって、リードで引かれる。
四つん這いでついて行く。
ご主人様に引かれて四つん這いでついて行くのが楽しくて仕方がない。

ご主人様からご飯を頂く。
ご主人様が咀嚼した物を、口移しで与えてくれる。
ご主人様が食事している足下で、私は床に座ってモグモグ。
私が妄想で楽しんでいた事を実際にしてもらえて、とても嬉しくて幸せ。

バラ鞭で打たれる。
痛みで叫んで、体制を崩しても、鞭が止む事はない。
痛くて痛くてたまらない。
いつまで続くのか、終わりがくるのかどうかも全く分からず、ただ鞭を受ける。
痛い、熱い、辛い…。

乳首を抓られる。
痛みで叫び、表情が歪む。
痛いはずなのに身体が反応してしまう。

お風呂場でイラマチオ。
自分ではなかなか喉奥まで咥えられなくて、無理やり喉奥を犯される。
粘っこい唾液や、胃液も混ざって、さらに鼻水を垂らしながら必死でイラマチオ。
苦しくて、辛いのに、それでもイラマチオをやめたくない。
ご主人様に感じてもらいたくて、もっともっとって咥え続ける。

ご主人様のオシッコを飲む。
半分は飲んで、半分は身体にかけられる。
私も洗面器にオシッコ。
その洗面器を私の口に持ってきて飲むように言われる。
何がなんだか分からなくて夢中で飲んだ。

…美味しくない。

お風呂から出て、たくさん突いて頂く。
気持ち良くて、何度逝ったか分からないほど。
最後はご主人様の精を私の中に出して頂く。
一緒のタイミングで逝く。

溶けて一つになってしまいたい。
離れたくない。

永遠に一緒にいて下さい。



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



プロフィール

はな

Author:はな
はなと申します。
まだまだ経験は少ないけれど、大好きなご主人様に飼われて幸せです。

カテゴリ

フリーエリア

ご訪問ありがとうございます

ようこそ♪

現在の閲覧者数:

大切な日

初めて会ってから
ブログ開設から

« 2016 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR